2018/03/05

史上最紅。

2018/3/3 J1第二節/ノエビアスタジアム神戸
ヴィッセル神戸 2-4 清水エスパルス

昨日に引き続き、本日もサッカー観戦に明け暮れる。
今日観戦するのは「ヴィッセル神戸-清水エスパルス」の一戦。
この試合を選んだ理由はただ一つ、日本で初めて導入されたハイブリッド人工芝が如何なるものか気になったからだ。
あと、ついでにポドルスキーと鄭大世が見れれば大満足である。


この日は神戸の2018年シーズンホーム開幕戦という事で、来場者ほぼ全員にフリースポンチョが配られていた。

これね、凄くいい。本当にいい。

体形に関係なく誰でも着れるという点も素晴らしいが、何より手軽で暖かいというのがいい。是非、今年の冬は全クラブ導入していただきたい。


 感想を簡単に。

・清水は若手中心だが躍動感があって素晴らしいね。個人的に久しぶりに見た鄭大世に元気がないのはさみしい所だが、長いシーズンは始まったばかり。焦ることは無いだろう。
・神戸はサイドバック軽視し過ぎじゃね?何故小川君をサイドバックで使うの?本職いないわけじゃないよね??ポドルスキーの使い方も個人的には疑問を感じる。
理想を追うのは素晴らしいと思うが、このサッカー、何時まで続けるのかな…?
正直、他チームは開幕戦後半に見せたハーフナーマイクとウェリントンの長身2TOP目掛けてひたすら放り込まれる方が怖くて仕方ないと思うんだけど…。
・試合を通して滑っている選手が結構いたが、これは単に水を撒き過ぎただけで、ハイブリッド人工芝の影響ではないと思う。
・それにしても客席は良く埋まっていた。また、無料配布のフリースも大好評で、若干肌寒い事もありスタンドは見事にクリムゾンレッドに染まっていた。スタンドは間違いなく「史上最紅」だったと思う。

以上。

両チーム計6ゴールの乱打戦、やっぱりこれだけゴールが入ると単純に面白い。
ただ、昨日も計6ゴール、二日で計12ゴールも見ると、正直ちょっとしんどい…。