2017/12/02

大願成就。

2017/12/2 J1第34節/等々力陸上競技場
川崎フロンターレ 5-0 大宮アルディージャ

★川崎フロンターレ 2017 J.LEAGUE 初優勝★


2017年12月2日。 
川崎フロンターレが念願の初タイトルを獲得した。 

クラブ創設から21年、中村憲剛が入団してから15年、そして、私が川崎フロンターレを愛するようになって13年の月日が経過していた。 

これまでに見た二位&準優勝の瞬間は細かいものの入れれば9回。 
中村憲剛が「タイトルを獲れないのは自分のせいではないか?」と、自問自答していたという記事を見たが、 
私自身も「私が見に行くからタイトルが獲れないのではないか?」と思っていた。 

物心ついた時から大好きだった近鉄バファローズが一度も日本一になれず球団消滅という最後を迎え、 
私は自分が愛する球団&クラブが日本一になる瞬間を生まれて此の方一度も見たことが無かった。
完全に疫病神じゃないかと思っていた。 


それでも、どうしても初タイトルの瞬間が見たかった。 

他の人には申し訳ない…とは思いながらも、「行かない」という選択肢は無かった。 

他のサポーターに比べれば参戦している試合は少ないし、フロンターレの試合があっても他の試合を見に行ったりもする。 

なので、私は自分の事をサポーターとは思っていないし、あくまでファンだと思っている。 

それでも、他のサポーターと同じように、川崎フロンターレを愛している。 

だから、どうしても目の前でその瞬間だけは見たかった。 

そして、ようやくその瞬間を迎えることが出来た。 

中村憲剛と同じように、ベンチのスタッフが騒いでいるのを見て崩れ落ちた。 

拳を握りしめ、突き上げ、叫び、嫁に抱き付き、生まれて初めて嬉しくて涙を流した。子供みたいにワンワン泣いてしまった。 

約13年、溜まりに溜まった悔し涙を、全て嬉し涙に変えて出し尽くした。 

本当に、本当に長かった…。 

そして、ようやく人生最後の心残りを達成する事が出来た。 



本当にありがとうございました…。